美女と野獣の曲と歌詞について

ディズニーのアニメ「美女と野獣」の曲と歌詞について

 

ディズニーの「美女と野獣」見たことがある人も多いのではないでしょうか?アカデミー賞の作品賞にアニメとして初めてノミネートされた名作で、有名なその楽曲は作曲賞と歌曲賞を受賞しました。

【Amazon.comで確認!】
美女と野獣 スペシャル・
エディション (期間限定)
[DVD]

 

その中でも特に有名な「Beauty and the Beast」のテーマ曲は、日本でも人気のCeline Dionが歌ったこともあり、大ヒットしましたよね。しかし、この曲を娘と繰り返し聞いているうちに、なかなか工夫された英語の歌詞であることがわかってきました。おとぎ話調の歌詞なのは自然なのですが、英語の音として「単語の繰り返し」と「韻(いん)」を多用しているんです。下から、最初は映画内の曲を、次にCeline Dionのバージョンを是非聞いてみて下さい。

 

 

 

歌詞自体は、著作権の関係でそのまま載せられませんので、英語の歌詞と日本語訳を確認されたい方は、こちらの知恵袋のページから見ることができます。映像で見ると、映画の余韻がよみがえってきますね♪

 

さて、歌詞の中でも多用されている単語は、「As」と「Ever」ですね。

  • As 〜 = 〜 のように、〜につれて
  • Ever = いつも、これまで(に)、かつて

  〜 as old as time : とてもとても古い
  〜 as it can be: 可能な限り、できる限り (歌詞では「本当に真実」的な意味)
  Ever the same: いつも同じように
  Ever + 名詞: いつも〜で
  Ever as before: これまでのように


また日本語ではよく、同じ音で複数の文章を終わらせることを「韻(いん)を踏む」といいますが、実は同じ概念が英語にもあります。英語では「Rhyme(ライム)」と言いますが、この曲でも同じ「As」や「Ever」などの単語を繰り返し使うだけでなく、単語の音の重複が多用されています。

  • Friends と Bends (フレンズ と ベンズ)
  • Least と Beast (リースト と ビースト)
  • Scared と Prepared (スケアード と プリペアード)
  • Before と Sure (ビフォアー と シュアー)
  • Surprise と Arise (サプライズ と アライズ)

 

さて、タイトルも「Beauty and the Beast」ですが、なぜBeautyにはTheが付かないのでしょう?日本語で訳せば、「美女とその野獣」といった感じですが、文法として厳密に書けば、おそらく「The Beauty and the Beast」でしょう。古くから伝わるタイトルなので、諸説いろいろありますが、もし両方に「The」を付けると、音も響きも冗長で、今ではしっくりこないですよね?英語に直す時、おそらく呼びやすくするために、始めのTheを切ったのではないかと自分は考えます。

 

こうしてみると、人を引きつける名作や名曲にはいつでも、興味を持たせるためのいろいろな仕掛けがあるのかも知れませんね。あなたも自分の好きな映画や洋楽から、英語を少し分析してみると、英語学習の興味をさらに高めることができますので、おススメですよ。

 

 

【Amazon.comで確認!】
美女と野獣 スペシャル・
エディション (期間限定)
[DVD]

 

 

 

「美女と野獣」の曲と歌詞関連ページ

NHKの「えいごであそぼ」
NHKの「えいごであそぼ」見ていますか?自分の娘もこの番組が大好きで、僕にもたまに英語を話しをしてくれます。今回は、そんなえいごであそぼを使った英語教育法をご紹介します。
ディズニー英語教材が無料?
ディズニーキャラクターって、子供にとって永遠のアイドルですよね?(笑)そんなディズニーを使った英語教育についてご紹介します。さらに、今ならなんと無料で英語教材のサンプルをもらえるんです!
こども英語教材を買うなら
こども向けの英語教材(ゲームや本)って、何を選べばいいか難しいですよね?自分はちゃおーねを使って人気の英語教材や売れ筋ゲームを調べたり、プレゼントを買ったりします。あなたも上手に使ってみては?

TOP 英語学習法 TOEIC ビジネス英語 子ども英語 海外旅行 短期留学 趣味の英語 イベント情報