英語のリスニングは右脳処理をめざせ!

英語は右脳処理を目指せ!

 

英語の右脳処理を目指せ!

 

自分は前の記事で、リスニングから勉強をスタートするメリットを書きました。これは英語を
耳から入れ続けることで、脳の考え方や処理方法を、日本語に近づけることを意味します。
これは何かというと、まず前提として、人間の脳は以下の処理をしているとされています。

 

 ・ 数学的・分析的思考 = 左がわの脳 (左脳)
 ・ 言語的・芸術的思考 = 右がわの脳 (右脳)

 

一般的な日本人の場合、日本語のリスニング時には右脳を使っているとされ、これは日常の
会話や、文章の読み書きの場合、ほとんど感性的に反応・処理していることを意味します。

 

それに対し、普通の日本人が英語をリスニングする場合、驚くことに左脳で処理しているとの
報告があります。つまり、同じ言語処理にも関わらず、日本人は英語の処理を、まるで数学の
答えを求めるように、一つ一つの単語の組み合わせを分析・計算しながら、答えを導いている
と推測されます。

 

つまり、これでは英語の処理に時間がかかる上に、長いリスニングなど一度にたくさんの
英語に対処しようとすると、左脳がオーバーフローをおこし、処理が出来なくなってしまう
(理解できなくなってしまう)ことが容易に想像できます。 たとえば、数学の問題を30分間
リスニングして、理解しようとするのを想像してみてください… 絶対に嫌ですよね。(汗)

 

そのため、英語のリスニングで高得点を取るために必要なスキルとして、まず英語に対する
脳の受け取り方、考え方を変えていくことが重要となります。それを可能にするのが、
リスニングの訓練になります。具体的な方法としては、以下の通りです。

 

 @ 英語のリスニングを大量に聞き続け、脳に意識的にオーバーフローを起こす
 A 左脳で処理しきれなくなった情報を、右脳が補おうとする
 B 右脳で処理した情報は、次から右脳が感性的に処理しようとする
 C 聞きなれた英語であれば、右脳での英語処理が容易に出来るようになる

 

リスニングの重要性は多少わかっていただけるでしょうか?

 

 

 

英語は右脳処理をめざせ!関連ページ

英語はリスニングから?
英語はリスニングから勉強を始めることで、英語学習のコツがつかめます。もしあなたが英語の勉強をイヤイヤしているなら、リスニングから英語学習を始めることは、状況を変えるおすすめの方法です。
英語耳になる方法
英語耳って聞いたことがありますか?英語のリスニングで耳を英語に慣れさせ、自然と聞き取れるようになる方法です。あなたの耳も英語に慣れさせて、英会話力やTOEICテストを飛躍的に向上させましょう!
リスニングは朝やる3つの理由
英語の勉強に朝がいい理由って知っていますか?特に英語のリスニングは通学・通勤時間に学習すると効果が違います。最速で英語のリスニング力アップを目指しましょう!

TOP 英語学習法 TOEIC ビジネス英語 子ども英語 海外旅行 短期留学 趣味の英語 イベント情報