TOEICと英語検定の違いとは?

TOEICと英検はどちらがむずかしいの?

 

最近よくきかれる質問として、「 TOEICと英検はどっちがむずかしい? 」 というものが
あります。これは、一概には言えないのですが、おおよその目安は以下の通りです。

 

 

@ TOEICと英検の比較 ・ 合格率

 

  → はい、TOEICに合格率はありません。(笑) 
    ですが、TOEICのホームページをみると、換算値として、こんなイメージらしいです。

 

    英検1級 = TOEIC 940点付近
    英検2級 = TOEIC 530点付近
    英検3級 = TOEIC 370点付近

 

 

A TOEICと英検のむずかしさ比較

 

これに関して、自分は英検1級のほうが、TOEIC900点付近を取るより難しいと思っています。
理由としては、TOEICは日常用語がメインで、英検は多少学術用語が含まれるからです。
普通の人にとって、TOEICの質問のほうが、英検のものよりなじみやすいと思います。

 

ただし、スピードの遅い方は、TOEICのほうが終わらない率が高いため、自分のペースを
比較的維持できる点から、英検のほうがやさしく感じるかもしれません。

 

 

B TOEICと英検の取得後の効果

 

これは、TOEIC830点以上を取得した場合と、英検準一級以上の比較の場合、個人的な印象
として、TOEICのほうが優遇される気がしています。理由は簡単で、英検のむずかしさが
具体的にピンとこないこと、また会社などでは多くの方がTOEICを受けているため、自分の
学力と比較して、相手の英語力がわかりやすいことが挙げられると思います。

 

 

 

そのため、社会人を目指す学生の方や、すでに働いていらっしゃる社会人の方は、TOEICの
点数を上げることが、英語力の証明のしやすさとして、始めのステップになるかと思いますよ。

 

 

TOEICと英語検定の違い関連ページ

TOEIC学習法:スケジュール
TOEICの学習スケジュールに沿って勉強することで、90日で大幅なスコアアップも可能です。リスニング・リーディングそれぞれの弱点を補強する勉強法で、あなたのスコアをもっと上げて行きましょう!
TOEICテスト対策について
TOEICの効率的な勉強法って考えたことがありますか?TOEIC受験者の平均データから、日本人の傾向がわかるんですよ。
TOEIC学習法:リスニング@
英語耳って聞いたことありますか?英語耳は、英語独特の発音の聞き取りに慣れた耳の事で、、優れた英語リスニング力を示す言葉です。TOEICなどの英語学習の際、英語耳になると、リスニング対策として本当に有利なんです。
TOEIC学習法:リスニングA
TOEICのリスニング力を強化して高得点を目指すには、リスニングの反復練習がとても重要です。効率的なリスニング学習法について、紹介します。
TOEIC学習法:単語・基礎英語@
基礎英語力って何でしょうか?文法力も確かに多少は必要ですが、TOEICや英検等の試験においては、単語が分かれば文法は内容理解に不可欠では無いことが多いんです。ここでは楽な単語の覚え方を考えて行きましょう。
TOEIC学習法:単語・基礎英語A
英語の単語暗記が必要不可欠と言われても、その作業が大変なんですよね。僕も単語の暗記作業が苦手で、とても苦労した思いが強いです。しかし最近は、単語を無理なく覚える様々な教材があるので、効率的に語彙を増やすことが可能です。ここでは英語の単語の楽な覚え方を見ていきましょう。
TOEIC学習法:リーディング
TOEICのリーディングで点数アップを目指すにはどうしたら良いでしょうか?自分は、時間内に良質な問題を毎日こなす方法が良かったと思います。

TOP 英語学習法 TOEIC ビジネス英語 子ども英語 海外旅行 短期留学 趣味の英語 イベント情報